studio razavi architecture オフィスデザイン事例 コンサル・ビジネスサービス フランス 金融・投資

シンプルな木製のルーバーから光が差し込むオフィススペース


「studio Razavi architecture」がデザインを担当したフランスのパリの保険会社のオフィススペース。

シンプルなマツの木製ルーバーをふんだんに使用しています。マツは手に入れやすくコスト面でも使いやすい素材です。
ガラス張いのオフィスにはルーバーから光が入って来ながらも、プライバシーを守るようなデザインになっています。シンプルながらもインパクトの強いデザインですね。

How to make a design impact using simple pieces of wood

Share :
「家」と呼ばれるボリュームが点在する「Pinterest」の本社オフィス
2018年3月5日
机も椅子もないオフィス、人の動きと姿勢を促進する「The End of Sitting」
2018年3月6日