Hassell オフィスデザイン事例 オーストラリア 金融・投資

都市キャンパスというコンセプトを持つ先進的なオフィススペース


「Hassell」がオーストラリアのメルボルンに設計した「ANZセンター」は、世界で最もオープンな銀行本部と言えるかもしれません。

「都市キャンパス」のコンセプトを持ち、コミュニティを組織の心の中に導き、カフェ、パブリックアート、ビジターセンターなど活発な地上レベルの拠点となっています。
また、この建物の流体の形態は、川沿いの環境からインスピレーションを得ています。外側の色彩は、地上の土壌の色調から上層の明るい青色の色調に至るまで、自然から得たものなのだとか。

https://www.archdaily.com/90709/anz-centre-hassell

Share :
機能性を持たせたオブジェが空間を貫く「Conscious Minds」のオフィス
2018年4月22日
50インチモニタが出迎える民間最大のメディア企業のオフィスデザイン
2018年3月10日