Studio O + A アメリカ オフィスデザイン事例 テクノロジー

未完成によって創造性を誘発する「Facebook」の本社オフィス


ソーシャルネットワーキング企業「Facebook」の為に「Studio O+A」が設計したカリフォルニア州パロアルトのオフィス。

1960年代に建設された元研究施設をリニューアル。
それぞれ壁面に色をつけることによって、オープンスペースで働くチームを区別しています。また、一部の壁は未完成のままになっているため、従業員は自由にアートワークなどを追加しカスタマイズすることもできます。キッチンやカフェ施設も併設。また施設内のマイクロキッチンでは飲み物やスナックを提供しています。
多くの壁やスペースは未完成のまま残されています。従業員は壁にアートワークを追加したり、必要に応じて家具を移動したりして、空間を持続的に進化させることができます。

Facebook Headquarters by Studio O+A

Share :
50インチモニタが出迎える民間最大のメディア企業のオフィスデザイン
2018年3月10日
創業5年目で、時価総額5兆円を達成した「Uber」の最先端オフィス
2018年4月23日